建築系ラジオ: 検索結果

タグ「都市建築」が付けられているもの

松田達展[3/3]

収録日時:2010年7月14日
収録場所:深川いっぷく/江東区
収録時間:18分36秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ: 8.9MB
PLAY 出演者:白濱雅也+高橋堅+星裕之+小寺亮+栃原比比奈+天内大樹+彦坂尚嘉+松田達

松田達展その3。前回配信分までに寄せられた質問に松田さんが答えます。模型の規模については人体がきちんと入っている点、「都市でも建築でもない都市建築」というアイディアと中庭というテーマについてなど。アルド・ロッシの名も初めて出てきました。白濱雅也さんは松田さんの「引き裂かれ」を指摘しながら、アンビルトのままで提案や発表を重ねながら建築家として名を上げていくレム・コールハース、ダニエル・リベスキント、ザハ・ハディドのような例が日本にあるかどうかを問います。松田さんはその答えから美術と都市の関係に言及。松田さんの観念的な面を指摘する高橋堅さん。建築系美術ラジオ第5回収録です。(天内大樹)

・出演者プロフィール
白濱雅也(しらはま・まさや)
1961年生まれ。1988年多摩美術大学美術学部デザイン科卒業。1990年頃より制作を始め、ネオポップやイラスト系具象絵画の先駆けとなる。その後既存の童話のイメージをリミックスしネガティブに変節する絵画や立体作品を制作。主な個展にギャラリーNWハウス、ギャラリー那由他、アートフォーラム谷中、マキイマサルファインアーツ、ギャラリー二葉奥の院、Caelum Gallery他。現在実験的スペース「深川ラボ」運営。

高橋堅(たかはし・けん)
1969年生まれ。1995年東京理科大学大学院、96年コロンビア大学大学院修了後、青木淳建築計画事務所を経て2000年より高橋堅建築設計事務所主宰。東京理科大学・京都造形芸術大学非常勤講師。主な作品に「鵠沼の長屋」「鵠沼の二世帯住宅」「東京理科大学コミュニケーション棟」「弦巻の住宅」など。

磯達雄(いそ・たつお)
建築ジャーナリスト。1963年埼玉県生まれ。1988年名古屋大学工学部建築学科卒業。1988〜1999年『日経アーキテクチュア』編集部勤務。2000年に独立。2002年から編集事務所・フリックスタジオを共同主宰。桑沢デザイン研究所および武蔵野美術大学非常勤講師。

星裕之(ほし・ひろゆき)
1969年生まれ。93年宇都宮大学卒業後、阿世建築設計室、各種建築構造設計監理を経て98年STUDIO POH設立。宇都宮大学非常勤講師、東北大学大学院五十嵐研究室博士課程後期在籍。

小寺亮(こでら・りょう)
2010年室蘭工業大学大学院修了。

栃原比比奈(とちはら・ひいな)
1977年生まれ。2001年多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業。2000年より中野区の知的障害者施設のスタッフとして、ダウン症や自閉症、重度の知的障害者などが絵を描くプロセスと作品を研究。2001年よりサンエックス(株)勤務、2004年退社。2010年彦坂尚嘉アトリエ(気体分子アトリエ展)、ギャラリー山口にて個展。

松田達展[2/3]

収録日時:2010年7月14日
収録場所:深川いっぷく/江東区
収録時間:14分42秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ: 6.9MB
PLAY 出演者:磯達雄+星裕之+高橋堅+小寺亮+栃原比比奈+天内大樹+彦坂尚嘉+松田達

松田達展その2。前回の配信で様々に挙がった疑問、特に規模をめぐる磯さんの質問から松田さんが答えます。星裕之さんは構造だけを示している「下田・皇居美術館」計画の模型に対し、現実社会に着地する建築かどうかを問い、実際に松田さんが現実の中で建てていった場合の構想の変化などに期待します。小寺さんは展示場所「深川ラボ」に好感、美術家の栃原さんは松田さんを「こっち寄り」の「アーティスト」と位置づけます。模型の示す規模について話が集中。これらに対する松田さんの答えは、次回配信をお楽しみに。建築系美術ラジオ第5回収録です。(天内大樹)

・出演者プロフィール
磯達雄(いそ・たつお)
建築ジャーナリスト。1963年埼玉県生まれ。1988年名古屋大学工学部建築学科卒業。1988〜1999年『日経アーキテクチュア』編集部勤務。2000年に独立。2002年から編集事務所・フリックスタジオを共同主宰。桑沢デザイン研究所および武蔵野美術大学非常勤講師。

星裕之(ほし・ひろゆき)
1969年生まれ。93年宇都宮大学卒業後、近藤春司建築事務所や構造設計事務所を経て98年STUDIO POH設立。コンシューマー誌への作品発表の他、専門誌への技術的寄稿多数。著書に『建築学生の「就活」完全マニュアル』他。宇都宮大学非常勤講師、東北大学大学博士課程後期在籍。

高橋堅(たかはし・けん)
1969年生まれ。1995年東京理科大学大学院、96年コロンビア大学大学院修了後、青木淳建築計画事務所を経て2000年より高橋堅建築設計事務所主宰。東京理科大学・京都造形芸術大学非常勤講師。主な作品に「鵠沼の長屋」「鵠沼の二世帯住宅」「東京理科大学コミュニケーション棟」「弦巻の住宅」など。

小寺亮(こでら・りょう)

1985年北海道生まれ。2010年室蘭工業大学大学院修了。

栃原比比奈(とちはら・ひいな)
1977年生まれ。2001年多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業。2000年より中野区の知的障害者施設のスタッフとして、ダウン症や自閉症、重度の知的障害者などが絵を描くプロセスと作品を研究。2001年よりサンエックス(株)勤務、2004年退社。2010年彦坂尚嘉アトリエ(気体分子アトリエ展)、ギャラリー山口にて個展。

松田達展[1/3]

収録日時:2010年7月14日
収録場所:深川いっぷく/江東区
収録時間:17分35秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ: 8.1MB
PLAY 出演者:白濱雅也+高橋堅+磯達雄+天内大樹+彦坂尚嘉+松田達

建築系美術ラジオはこれまで美術展を中心に見てきましたが、松田達展を外すわけにはいきません。「都市建築」をめぐる深夜の五十嵐太郎さんたちとの対話も配信された後、改めて訪れました。白濱雅也さんが運営する「深川ラボ」で展示が開かれるに至った経緯(『皇居美術館・空想』とタマダプロジェクトでの展示、模型への視点とアンビルトの面白さ)。彦坂さんはリスボン建築トリエンナーレ帰国展(OZONE)での松田さんの印象から語り始めます。展示への費用のかけ方、細部への意識。高橋堅さんはやはり宣言文「都市建築へ」から下田皇居美術館計画の規模に言及。通りがかった磯達雄さんをつかまえたら、60年代フランスの建築家のアプローチとの関連についてお話がいただけました。建築系美術ラジオ第5回収録です。(天内大樹)

・出演者プロフィール

白濱雅也(しらはま・まさや)
1961年生まれ。1988年多摩美術大学美術学部デザイン科卒業。1990年頃より制作を始め、ネオポップやイラスト系具象絵画の先駆けとなる。その後既存の童話のイメージをリミックスしネガティブに変節する絵画や立体作品を制作。主な個展にギャラリーNWハウス、ギャラリー那由他、アートフォーラム谷中、マキイマサルファインアーツ、ギャラリー二葉奥の院、Caelum Gallery他。現在実験的スペース「深川ラボ」運営。

高橋堅(たかはし・けん)
1969年生まれ。1995年東京理科大学大学院、96年コロンビア大学大学院修了後、青木淳建築計画事務所を経て2000年より高橋堅建築設計事務所主宰。東京理科大学・京都造形芸術大学非常勤講師。主な作品に「鵠沼の長屋」「鵠沼の二世帯住宅」「東京理科大学コミュニケーション棟」「弦巻の住宅」など。

磯達雄(いそ・たつお)
建築ジャーナリスト。1963年埼玉県生まれ。1988年名古屋大学工学部建築学科卒業。1988〜1999年『日経アーキテクチュア』編集部勤務。2000年に独立。2002年から編集事務所・フリックスタジオを共同主宰。桑沢デザイン研究所および武蔵野美術大学非常勤講師。

・関連項目
リスボン建築トリエンナーレ帰国展(mosakiさんによる記事、松田さんの会場構成が解ります)
収録日時:2010年7月4日
収録場所:神保町某居酒屋
収録時間:36分27秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:15.9MB
PLAY 出演者:松田達+五十嵐太郎+南泰裕+倉方俊輔+片田江由佳+深谷美波+天内大樹

松田──中庭の種類はフランスとドイツとで違っていて、例えばドイツとかオランダのホフ(Hof)の概念とは、一つの街区の外側を建物で覆い、内側には小学校や公園を置く広い空間になっているものです。フランスは、街区を区画(パルセル)で分割し、パルセル一つに対して中庭が一つあるという形になっています。簡単にいうと桁が違っていて(フランスの中庭は)ドイツの1/10くらいの大きさでしかないわけですよ。基本的には同じ中庭といっても、Hofとcourと名前が違うように、完全に違うものであると僕は思っています...
(深谷美波)

註:この収録には続きがあり、第4回目が存在します。しかし4回目は、内容的に内部からも配信反対の声が大きかったため、いったん建築系ラジオからの配信は保留し、下記の展覧会場でのみ、公開することになりました。どうかご了承お願いするととともに、展覧会にも足を運んで頂ければ幸いです(2010年7月15日まで)。

・出演者プロフィール
片田江由佳(かたたえ・ゆか)
1986年福岡生まれ。福岡大学卒。東京理科大学大学院 伊藤香織研究室所属。福岡の都市戦略を研究中。地方都市と市民と建築に斬りこむ研究職を目指しています。趣味はアニメ、宝塚、百人一首。
 
深谷美波(ふかや・みなみ)
1989年富山県生まれ。昭和女子大学生活科学部環境デザイン学科杉浦久子研究室所属。趣味はアニメ、サッカー、コスプレ、お酒。。
 
関連項目
収録日時:2010年7月4日
収録場所:神保町某居酒屋
収録時間:35分41秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:17.1MB
PLAY 出演者:松田達+五十嵐太郎+天内大樹+片田江由佳

松田──中庭というのは、単純に僕にとって何かというと... フランスにいた時に感じたのは、「建築空間」──例えばパリだとアパルトマンとか普通の住宅とか、一つの建物を構成している原理、それをまあ建築空間と簡単にいっていますけれども──それと「都市空間」、つまり街路の側から見える都市、その中間領域が「中庭空間」だと思ったんですよね。要するに都市空間と建築空間をうまくつないでいるものの一つが中庭空間であると、僕はフランスにいた時に思ったわけです...

松田達展「都市建築へ」を巡る議論、第2回はパリの4区とアトリエ・ワンによる13区分析の比較、建築プランの言語化、そして松田さんが中庭に興味をもったきっかけへと話題は移ります。(片田江由佳)

・出演者プロフィール
片田江由佳(かたたえ・ゆか)
1986年福岡生まれ。福岡大学卒。東京理科大学大学院 伊藤香織研究室所属。福岡の都市戦略を研究中。地方都市と市民と建築に斬りこむ研究職を目指しています。趣味はアニメ、宝塚、百人一首。

関連項目

収録日時:2010年7月4日
収録場所:神保町某居酒屋
収録時間:32分28秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:15.6MB
PLAY 出演者:松田達+五十嵐太郎+片田江由佳+天内大樹

片田江──今回、松田さんが初個展をされたということで、わたしも今日見に行ったんですけれども、正面に宣言文として「都市建築へ」とあって,その中に中庭が重要であるということを書かれていました。どういった意味で中庭の話とつながっているのかよく分からなかったので、建築系ラジオの場として説明してほしいと申し出たところ、それは嫌だと言われたんです。松田さんとしては建築系ラジオに関わっている身として、建築系ラジオというメディアを私物化したくないという考えがあって、もちろん理解は出来るんですが、建築家松田達として、建築界に対してどういうメッセージを持って今回の展示を行ったのか、今後どういったことをしていきたいのか、一度じっくりお話を聞きたいと思っていたのです...

・出演者プロフィール
片田江由佳(かたたえ・ゆか)
1986年福岡生まれ。福岡大学卒。東京理科大学大学院 伊藤香織研究室所属。福岡の都市戦略を研究中。地方都市と市民と建築に斬りこむ研究職を目指しています。趣味はアニメ、宝塚、百人一首。

関連項目

1

特集

インフォメーション

タグクラウド

建築系ラジオTweets