建築系ラジオ: 検索結果

タグ「瀬戸内国際芸術祭2010」が付けられているもの

収録日時:2010年10月24日
収録場所:香川県小豆島
収録時間:10分45秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:4.9MB
PLAY 出演者:彦坂尚嘉+五十嵐太郎

瀬戸内国際芸術祭2010で展示された、スゥ・ドーホー氏の「Net−Work」 について語ります。「Net-Work」は膨大な数の小さな人型の手足をつなげ漁の網のような物を作り、この網を砂浜の波打ち際に設置した作品です。ここでは彦坂尚嘉さんによる芸術論が展開されます。また、iMacの登場による工業デザインの変容や、若手現代美術作家の作品について述べられます。そして、アートとデザインの違いについては注目です。アンディ・ウォーホールを例にアーティストと職人の違いから、アートとデザインの違いについて言及しています。この収録は、小豆島を移動中のチャーターバス内でされたため、前半と後半に区切られていますが、内容がギュっと詰まった彦坂尚嘉さんの話は「一聴」の価値ありです。(近藤洋輔)
収録日時:2010年10月22日
収録場所:香川県香川郡直島町向島
収録時間:19分15秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:8.8MB
PLAY 出演者:五十嵐太郎+糸崎公朗+片田江由佳+近藤洋輔+斎藤らいら+佐野智哉+中川晋介+松田佳奈+南谷江美+山本知慧+吉田民瞳+松田達

建築系ラジオによる瀬戸内国際芸術祭2010ツアー第1日目の夜、向島のお洒落なログハウスの宿での収録です。今回の収録では、スタッフコンテンツとして、建築系ラジオスタッフがMCを行っています。今日のツアーで特に印象に残ったものの感想を、参加者のみなさんにインタビューしていきます。インタビュアーは実は私なのですが、インタビューを受けることしか今まで経験がなく、MCはこんなに大変なのだったのかと、今回の収録を通して気付くことができました。その場の雰囲気も感じ取りながら聴くと、収録をより一層楽しめるのではないかと思います。(松田佳奈)
収録日時:2010年10月22日
収録場所:香川県香川郡直島町向島
収録時間:17分47秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:8.5 MB
PLAY 出演者:南谷江美+江藤靖子+片田江由佳+近藤洋輔+斎藤らいら+吉田民瞳

建築系ラジオが主催する瀬戸内国際芸術祭2010ツアー第1日目の夜、瀬戸内海を臨む宿の前で行われたバーベキューの席での収録です。初日の行程を終えての感想を参加したスタッフに聞いてみました。瀬戸内は今回が初めてだという人から、以前にも訪れたことがあるという人まで、各々が感じた芸術祭のファーストインプレッションを語ります。(吉田民瞳)

・出演者プロフィール
南谷江美(みなみたに・えみ)
1988年愛知県尾張旭市生まれ。椙山女学園大学生活科学部生活環境デザイン学科4年。もともとインテリアに興味を持っていましたが、最近は建築のかっこよさに惹かれてます。現在就職活動は住宅の会社に決まり、卒研とアルバイトと遊びの毎日です。

江藤靖子(えとう・やすこ)
1987年静岡県生まれ。東北芸術工科大学芸術学部美術科日本画コース4年。趣味:美術館めぐり

片田江由佳(かたたえ・ゆか)
1986年福岡生まれ。福岡大学卒。東京理科大学大学院 伊藤香織研究室所属。福岡の都市戦略を研究中。地方都市と市民と建築に斬りこむ研究職を目指しています。

近藤洋輔(こんどう・ようすけ)
1990年愛知県生まれ。静岡文化芸術大学空間造形学科所属。趣味は食事、知らない街を散歩すること。

齊藤らいら(さいとう・らいら)
中東のバーレーン生まれ。帰国後、現在は東京にてウェブ雑誌の編集者、フリーライター、ファッションショーのプロデューサー等、幅広く活動中。美味しいもの、ファッション好き。マガジンハウスwebダカーポで執筆中。 

吉田民瞳(よしだ・みんと)
1991年石川県金沢市生まれ。現在、東京工業大学第6類にて建築学科所属のために勉強中の学部1年生。同学類より所属できる社会工学科にも魅力を感じている。言語好き。メディアアートに興味あり。
収録日時:2010年10月23日
収録場所:香川県小豆島
収録時間:24分47秒
ファイル形式:MP3
ファイルサイズ:11.6MB
PLAY 出演者:入江徹+糸崎公朗+五十嵐太郎+北川啓介+彦坂尚嘉

建築系ラジオによる瀬戸内芸術祭ツアー2日目の収録の後編です。始めに豊島美術館を写真家•美術家である糸崎公朗さんの自然の中に芸術をみる視点ではなく、違う視点でみた意図を語ります。次に同じ瀬戸内でプロジェクトをしている安藤忠雄さんとSANAAを比較をしながら、豊島美術館の魅力に迫っていきます。最後には、建築とアートの駆け引きを語る収録になっています。(百田圭廣)

・出演者プロフィール
糸崎公朗(いとざき・きみお)
美術家。1965年長野県生まれ。東京造形大学卒業。写真家・美術家。「非人称芸術」のコンセプトのもと、「フォトモ」「ツギラマ」などの独自の写真技法による作品を制作。展覧会やワークショップのほか、出版や雑誌執筆など幅広い活動を行なう。主な個展に「"FOTOMO x CITY" Multi-Perspective Sx Editions」(香港藝術中心)、「金沢をブリコラージュする。」(金沢21世紀美術館)。主な受賞にコニカフォト・プレミオ2000年度大賞、19回東川賞新人作家賞など。主な著書に『フォトモの物件』『東京昆虫デジワイド』(共にアートン新社)など。
収録日時:2010年10月23日
収録場所:香川県小豆島
収録時間:29分16秒
ファイル形式:MP3
ファイルサイズ:13.4MB
PLAY 出演者:入江徹+佐野智哉+大村玲加+関口卓哉+五十嵐太郎+彦坂尚嘉

建築系ラジオによる瀬戸内芸術祭ツアー2日目の収録です。2日目の目玉である豊島美術館について参加者はどう思ったのでしょうか? 学生の立場からの感想を述べた後はコアメンバーの五十嵐太郎さんが建築的解説を行い、次にパートナー彦坂尚嘉さんが美術的解説を行います。同じ建築物を見ても建築的観点と美術的観点でどう違いが出るのでしょうか? そんな違いが少し垣間見れる収録です。全2回の配信です。(吉岡佑樹)
収録日時:2010年10月22日
収録場所:香川県香川郡直島町向島
収録時間:40分39秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:19.5MB
PLAY 出演者:入江徹+吉田民瞳+片田江由佳+糸崎公朗+近藤洋輔+五十嵐太郎+吉岡佑樹+谷村仰仕+中川晋介+北川啓介+松田達

建築系ラジオによる瀬戸内国際芸術祭2010ツアーにおける収録です。犬島と直島をめぐった第1日目の夜、ツアー参加者はそれぞれ何を感じたでしょうか? 今回は建築系ラジオスタッフも多く討議に参加しています。犬島では、柳幸典/三分一博志による「精錬所」、柳幸典/妹島和世/長谷川祐子による、犬島・家プロジェクト(F邸、S邸、I邸、中の谷東屋)など、直島では直島銭湯(大竹伸朗/graf)、直島・家プロジェクト、李禹煥美術館(李禹煥/安藤忠雄)などを見学しました。特に妹島さんらのS邸、安藤さんの李禹煥美術館が話題にあがります。(編集部)
1

特集

インフォメーション

タグクラウド

建築系ラジオTweets